その他

カーオーディオ用リアルサウンドプロセッサー


カーオーディオのポテンシャルを最大限に引き出す カーサウンドDD。
話題の新興メーカーSPECから発売された、
カーオーディオ用リアルサウンドプロセッサーRSP-C3/RSP-C3Wです。
効果絶大、音質改善ユニット。
オーディオ機器で音楽再生を楽しむ時、一般的にスピーカーユニットのボイスコイルにはアンプ出力の時間軸変動に応じて常に逆起電力が生じています。この逆起電力はスピーカーコードを通じてアンプに回帰し、これがアンプ内部で位相遅れを発生させるなど入力信号どおりのスピーカー駆動を難しいものにしています。

RSP-C3/RSP-C3Wはアンプとスピーカーの間にスピーカー端子と並列にセットすることで逆起電力の悪影響を減少させ、より忠実なスピーカー駆動が可能となります。結果として再生音の立ち上がり・分解能が改善され、相反する自然な余韻も再現されてリアルなサウンドと豊かな音楽性をもたらします。
RSP-C3はトゥイーター・ミッドレンジ・ウーファーなどに最適、中域以上のインピーダンス変動を減じ平坦化してアンプによる高忠実度駆動をサポート。RSP-C3Wはサブウーファーに特化した部品・定数設定をしており、特に再生帯域外の中域以上のインピーダンス上昇を抑制し平坦化します。その結果、ダンピングが改善され低域楽器の輪郭が明確になり、他のスピーカーとの音のつながりが改善されます。
特にマルチアンプ方式のカーオーディオに威力を発揮。
ハイエンドカーオーディオの世界では、車室内という厳しい音響条件を克服するために、高域・中域・低域用のスピーカーを別々のパワーアンプでダイレクトに駆動するマルチアンプ方式が広く用いられています。
このマルチアンプ方式では、各々の帯域のスピーカーユニットを個々のパワーアンプで駆動するので、システム全体として混変調歪(音楽信号のように様々な周波数が入力された際の歪)の少ないダイナミックな音楽再生が可能です。しかし調整箇所が多く、バランスの取れた音楽性の高い再生を可能にするためには経験豊かなインストーラーの耳と腕が必要とされます。
RSP-C3/RSP-C3Wは、ネットワークを介さずにスピーカーユニットにダイレクトに接続することによって、それぞれのスピーカーユニットを最適な状態で駆動させることが可能となり、より大きな逆起電力の吸収効果が期待できます。

当店は「カーサウンドDD」RSP-C3/RSP-C3Wの取扱店、試聴可能です。
実際にRSP-C3/RSP-C3Wの性能を体感したい方のために、お客様の愛車に接続可能な視聴用デモ機をご用意しています。
試聴の詳細はメールまたは電話058-215-9766でお気軽にお問い合わせ下さい。
※取付視聴は予約制となります。 ※車両によってはお断りさせていただく場合があります。

SPEC >>> http://www.spec-corp.co.jp/index.html

  • 営業日のご案内
    (背景がはお休みです)
    4/23242526272829
    305/123456
    78910111213
    14151617181920
ページのトップへ戻る